建築現場や事務所に掲示が必須!?建設業許可票の製作や掲示におけるポイントなどをご紹介

建設業許可を取得したら、なるべく早い段階で営業所や事務所に建設業許可票と呼ぶ看板を掲示しなければなりません。許可票を掲示せずに営業を開始すると、10万円以下の過料が課せられるといわれています。看板業者に製作を依頼していて営業に間に合わないときは、手書きやパソコンで作成したものを紙出力して使っても良いといいます。また、建設業許可票は建築現場にも掲示する義務がありますが店舗用とはサイズや記載内容が異なりますので注意が必要です。

建設業許可申請は行政書士!許可票も相談に応じてくれる

建設業許可の書類作成から申請手続きまで、一貫したサポートを行ってくれるのが行政書士です。許可を取得すると500万円以上の工事を請け負うことができるメリットがありますが、さまざまな義務が発生します。この義務の一つに数えられるのが許可票の作成および掲示です。これは建設業法の中で規定が行われている、義務を怠ると10万円以下の過料に科せられるといわれていますが、過料だけでなく会社としてのイメージにも影響を与えます。許可票は、許可看板と呼ばれている建設業許可を取得していることを示すために設置するもので、店舗や工事現場などに掲示する義務付けが行われています。 なお、建設業法第40条の中では、店舗や工事現場で見やすい場所に許可看板の掲示義務があること、工事現場は元請業者のみで下請け業者は掲示不要、省令で定められた内容を記載などの注意点記載してあります。他にもサイズなどに決まりがありますが素材や木佐文字の書体などは好みの物を利用できます。

建設業許可票は営業所や工事現場に掲示される看板

建設業の許可を得て営業を行う場合、建設業許可票の提示が必要です。これは許可を得て運営していることを第三者に示すもので、建設業にとってなくてはならないものとなっています。この建設業許可票は許可を得たからといって行政から自動的に交付されるものではなく、自分で準備しなければならない点に注意しましょう。待っていても交付はされないため、自身で看板を注文して用意しなければいけません。また、営業所や工事現場での提示がいけないものとなっており、明確に内容を示すことが義務付けられています。建設を営む会社の多くは、看板として作成を行います。営業所での提示と工事現場での提示では記載内容や大きさが変わるため、事前に確認しておくことをお勧めします。例えば営業所に記載する内容は許可年月日や称号、代表者の氏名などが中心です。工事現場ではこれらの要素に加えて、主任技術者や管理技術者の氏名などを記載することになっています。

建設業許可票は建設業許可取得後に速やかに作成して掲示が必要

建設業許可は、建設業を営むときに取得しなければならないもので500万円以上の工事や公共工事を受注できるようになります。許可申請は自ら行う方法もありますが、一般的には行政書士に依頼して取得する会社が多いようです。この許可を取得したら速やかに看板でもある許可票を作成してそれを掲示しなければなりません。これは、店舗用と工事現場用の2つの種類がある、事業者が複数ある場合は事業所ごとに掲示が必要です。 許可票はパソコンで作成してそれを印字、ラミネート加工を施したものでも構いませんが、事務所に設置するものなどは会社の品格にも影響を与えることから看板業者に制作を依頼するケースが多いです。なお、記載内容のミスが起こらないようにすることが大切で、代表者の氏名・番号や年月日・店舗で営業している建設業の種類、この3のポイントを押さえておきましょう。未記載の業種や業種名が間違っている、略語で記載されていたりひらがなになっているなどのケースもあるため注意が必要です。

建設業許可票で注意が必要な3つのポイント

建設業許可票は建設業者が特定の建設プロジェクトを実行するために必要な重要な文書です。これらには法的要件やプロジェクトの詳細が含まれており、適切な手続きを踏むことが重要です。 許可票には許可の種類とプロジェクトの範囲が明記されています。まず許可の種類を確認し、それがプロジェクトに適していることを確認してください。記載されているプロジェクトの範囲を詳細にチェックし、何が許可されているのか、何が許可されていないのかを把握することが重要です。許可外の作業を行うと、法的な問題に直面する可能性があります。 有効期限が含まれています。必ずこの期限を守るようにしましょう。期限切れの許可証を持っていると、プロジェクトの中断や罰金などの問題が発生する可能性があります。許可の更新手続きについても把握しておきます。許可の有効期限が近づく前に更新手続きを行うことが、スムーズなプロジェクトの継続に必要です。 取得したからと言って、法令や規制を無視してはいけません。プロジェクトを実行する際に、地元の建設規制や環境法、労働法などに従う必要があります。持っているからといって法的な責任を免れることはできません。法令や規制を遵守することは、プロジェクトの成功と信頼性を確保するために極めて重要です。これらのポイントを適切に把握し、遵守することで、スムーズな建設プロジェクトを実行できるでしょう。

金看板は真鍮素材のゴールド色の建設業許可票

営業所や事業所などに掲示する店舗用の建設業許可票は、お店の顔などの理由からお金をかかる建設会社も少なくありません。素材には、真鍮・ステンレス・アルミなどいろいろなものがありますが、この中でも真鍮は金色をしている豪華さを持つなどから以前は金看板が主流といわれていました。これに対してステンレスは銀色をしているため銀看板と呼ばれることありますが、ゴールドやシルバーは品格がある色合いなどから店舗用には金看板や銀看板を利用する、工事現場用は価格が安い素材を使ったものにするなどの選び方もあります。店舗用は、複数の事業所を構えている場合は拠点ごとに掲示が必要ですが、現場用もそれぞれの工事現場に看板を掲示しなければなりません。新しい許可を取得したときや建設業許可の更新を行うことで許可票の記載内容も変更する必要があります。特に、建設業の許可は5年ごとに更新になり許可番号が変わるため看板も5年ごとに修正が発生します。そのため、製作するときには作り直しはなく上からシールを貼り付ける方法を検討しておくと良いでしょう。

現場用の建設業許可票は何枚も作る必要がある

建設業において、現場用の建設業許可票は、プロジェクトの性質や規模に応じて何枚も必要とされることがあります。これらは、異なる部門や関係者への提出、管理、記録保持など、さまざまな目的に使用されます。 まず第一に建設プロジェクトが複数の現場で同時に進行している場合、各現場ごとに個別に必要です。これにより各現場の許可情報が明確に区別され、トラッキングや監視が容易になります。 第二に建設プロジェクトにはさまざまな種類の許可が必要であることがあります。たとえば建設現場での建築、電気、配管などの作業に関連する異なる許可が必要とされることがあるのです。各許可は、その特定の作業に関連して発行されるため、必要な枚数が増えます。 建設プロジェクトは時間の経過とともに進展し、新しい許可が必要になることもあります。例えば、プロジェクトが拡大し、新しい作業領域が追加された場合、それに関連する新しい許可が発行されます。 通常、地方自治体や関連する規制機関に提出される必要があります。各現場ごとに許可票を提出することは、法的コンプライアンスを確保し、建設プロジェクトが順調に進行するために不可欠です。 したがってプロジェクトの複雑さと範囲に応じて、何枚も作成する必要がある重要な文書です。これらはプロジェクトの管理と法的遵守を確保し、建設業界での活動が円滑に進行するのに貢献しています。

建設業許可票の種類①:営業所や事務所に掲示する看板

建設業許可票の掲示義務は建設業法で定められているもので、営業所ごと工事現場ごとに掲示が必須です。さらに人目に付きやすい場所に設置しなければなりません。営業所に設置するものは業者名・代表者名・許可番号・許可業種などを記載してあるもので、縦35cm以上で横40cm以上のサイズ規定が設けられています。この場合、エクセルなどを使って紙に印刷してそれを代用することもできますが、正式な看板が業者から届くまでの間など暫定で利用する分には良い方法ですが、お店に設置するものですし屋外で使うものなので短期間での利用が一般的です。 工事現場の入り口付近に建設業の許可票を掲示しなければなりませんが、現場で使うものは縦25cm以上で横35cm以上です。サイズに違いがある他、記載する内容が異なりますので注意しましょう。なお、建設現場は発注者から直接工事を請け負っている元請け業者のみで、元請け業者が施工体系図を掲示することため下請けの会社は設置義務はありません。

建設業許可票の種類②:工事現場に掲示する看板

しっかりとした許可を得て営業していることを示す建設業許可票は、建設業者にとってその信頼性を証明するためになくてはならないものです。街中の工事現場で見かけたことがある、通りすがりに工事の内容を看板で確認した経験がある人もいるのではないでしょうか。現場での表示は屋外となることが多いため、ほとんどの場合金属製の看板で提示が行われています。風雨に晒されても内容が消えることがなく、長期間の工事でも耐えられるなどの条件を考慮すると、耐久度の高い金属が選ばれるのも当然のことです。工事現場で提示を行う場合には、営業所での使用と内容に違いがあります。特定建設業か一般建設業の違い、許可番号や種類、許可取得年月日、そして名称や屋号と代表者の氏名などが内容となっています。さらに監理技術者または主任技術者の名前も表示対象となっており、誰がどのような工事をしているのかを明確に提示することが可能です。また、現場での提示サイズも決められています。

営業所や事務所に掲示する建設業許可票の特徴

建設業許可を取得している会社は、営業所ごとに建設業許可票を作りそれを人目につきやすい場所に掲示しなければなりません。本店と支店の2つを持つ会社の場合は合計3枚、支店が9ある場合は合計10枚作る計算です。記載内容には、本店や支店などの所在地が入ることはありませんので、同じものを店舗数分作ることになるイメージになりますが、営業所ごとに許可業種が異なるなどの特徴がありますので、それぞれの店舗に合わせた記載内容で作る必要があります。工事現場に掲示する建設業許可票は、工事現場ごとに作る必要があるので事務所用と比べると数が多くなります。現場に掲示するものは、現在の工事は許可を持つ業者が担当していることを証明するものです。そのため、事業所に設置するものとは異なり工事に携わる業者が工事に対応している許可を得ている、主任技術者が有資格者などの情報が掲載されています。事業の場合は入り口付近、建設現場はフェンスに取り付けているケースが多いようです。

建設業 許可票に関する情報サイト
建設業許可票まとめ

このサイトでは、建設業許可票の製作や掲示におけるポイントをご紹介しています。看板の掲示は義務で、営業所の入り口付近や工事現場のフェンスなど人目に付きやすい場所に設置します。また、写真を撮影して役所に提出することも義務の一つです。ここでは、看板の制作と掲示は許可を取得した場合の義務の一つになることや、記載内容やサイズは決まりがあるけれど手書きでも可能など幅広く紹介していますので参考にされることをおすすめします。

Search