建設業許可票は記載内容やサイズは決まりがあるけれど手書きでも可能

建設業許可票は記載内容やサイズは決まりがあるけれど手書きでも可能

建設業許可票は、建築会社の店舗や営業所などに掲示する店舗用と工事現場に設置する現場用の2種類があります。工事現場用の場合は、主任技術者または監理技術者の氏名(専任の有無・資格名・資格者証交付番号)を記載して、店舗用の場合はこの店舗で営業している建設業を記載します。内容が2つは記載内容が異なると同時にサイズもそれぞれ決まっています。建設業許可票は看板制作を行っている業者に発注して作る方法と自社で作る2つの方法があります。この看板は記載内容とサイズは決まりがありますが、紙出力したものでも手書きでも構いません。 ただ、屋外に設置するものなので紙のままでは破けてしまったり、文字が滲んで見えなくなるのでラミネート加工を施して耐水性強いものにするなどが大切です。店舗用は、真鍮やステンレス製など比較的お金をかけて許可看板を作る会社も多いのですが現場などで使うものはエクセルで作りラミネート加工を施したものを使う会社もあります。

建設業者が工事現場や事務所に掲示する許可票は紙出力のものでも良いのか

建設業法に基づいて許可を取得した業者が事務所や工事現場に掲示する必要がある「建設業許可票」とよばれる看板は、省令で縦25cm以上、横35cm以上とサイズが決められていますが、材質についての規定はありません。多くの建設業者は、設置する場所が雨風にさらされやすい点や、工事の内容によっては掲示期間が長期にわたる点などを考慮し、看板の素材に真鍮やステンレス鋼を選びますが、紙出力でも構いません。 ただし、紙出力を行った許可票は耐久性に非常に難があります。事業所掲示用として使用するのであれば、汚れがついたり、破れてしまってもすぐに新しい紙に出力したものを用意すれば問題はありませんが、工事現場に掲示する場合は汚損や破損が起こらないような措置が不可欠になります。理由はもちろん、工事現場での許可看板の設置場所が、屋外になることがほとんどであるためです。許可看板は掲示されていない場合だけでなく、視認性が損なわれた状態のまま放置した場合も法令違反に問われる可能性があります。特段の事情がない限り、工事現場に設置する許可看板に関しては、錆などに強い金属素材が用いられたものを準備すべきです。

建設業 許可票に関する情報サイト
建設業許可票まとめ

このサイトでは、建設業許可票の製作や掲示におけるポイントをご紹介しています。看板の掲示は義務で、営業所の入り口付近や工事現場のフェンスなど人目に付きやすい場所に設置します。また、写真を撮影して役所に提出することも義務の一つです。ここでは、看板の制作と掲示は許可を取得した場合の義務の一つになることや、記載内容やサイズは決まりがあるけれど手書きでも可能など幅広く紹介していますので参考にされることをおすすめします。

Search